粉体機械ができるまで

設計

粉体機械の多くは、お客様の要望に応じたカスタマイズ設計が要求されます。
設計は材料工学、熱力学、流体力学、摩擦・摩耗・潤滑工学等の広範囲な知識が必要となります。
長年の蓄積したノウハウを元に、お客さまにご満足して頂ける機械を設計する過程が、設計技術者としての腕の見せどころです。

お客様のあらゆるご要望に応えた設計をおこない、
機械加工に必要なNCプログラムを作成します。

部品加工

最新鋭のNCマシニングセンター、NC複合加工機、NCワイヤー放電加工機により、精度の高い部品を加工しています。
部品加工の精度が、粉体機械の性能に大きく影響するため、部品ごとに品質確認を行っています。

機械本体の精密切削加工

機械本体の平面の削り出し加工

磨き研磨

加工された部品は、内外面とも表面バフ研磨処理を行います。
バフ研磨することで光沢のある美しい仕上げ面が得られ、外観・美観と感触が向上します。
また、粉体付着抑制や汚染付着の防止、洗浄性向上等の効果があります。

組立て

はめあい、芯出し、摺り合わせ等により、精度を要する部品を最終的に人の手で組み立てていきます。
製品の寿命にもつながるベアリングやギヤの調整などには、熟練の技が必要で、
強いこだわりを持ち「お客様に製品を使いやすく、そして長く使ってもらいたい」という想いで仕上げております。

検査

検査課では3Dでの検査、治工具の確認、CADとの比較、寸法検査、リバースエンジニアリングなどに最適な、
ポータブル3次元測定器を導入。生産や品質保証のプロセスにおいて、お客様に信頼頂ける品質をご提供できる環境を実現しました。

機能・性能・外観検査をおこない
要求品質どおりの製品が出来ているかを確認します

不二パウダルが選ばれる理由

  • 受け継がれる技術

    トロコイド曲線の軌跡を座標軸に取り、NC制御のマシニングセンターで孔開け加工したディスク・ダイ。多種多様な粉粒体機器をつくる工程で、製造に携わるマイスターたちの熟練の技は、こうしたさまざまな部品の中にも光っており、それが私たちのノウハウとして脈々と受け継がれています。

  • グローバルスタンダード

    粉体に何らかの要素を加え、安定して操作しやすくするためにツブ状にすることを「造粒(:Granulation)」と言います。私たちは、粉体の単位操作であるこの「造粒」という操作名を最初に考案し、これを実現する生産機にいち早く取り組み、我が国初の造粒ハンドブックである「造粒便覧」にその足跡を残しました。
    国内外では私たちの開発した球形整粒機「マルメライザー」が、一般名として論文誌に認められ、「MARUMERIZATION」という国際語まで生まれています。

  • オリジナリティの追求

    これまでに申請した特許は国内165件、海外15件で、数々のノウハウから生まれた独自の機械を世に送り出してきました。なかでも各種造粒機とその周辺システムは、技術陣の努力の結晶といえます。そして今なお、研究開発陣のたゆまざる挑戦は続いています。

  • 卓越した技術の評価

    1984年4月、「造粒機開発の功績」として、ニューマルメライザーが第4回科学技術長官賞に輝き、その後開発したツインドームグランが化学工学会技術賞を受賞しました。日々培ってきた独創性や新規性が認められ、高い技術力が評価されたものです。さらに粉体工学会からは学会への貢献が認められて表彰を授与されるなど、私たちの企業活動は多くの産業界や学会から高い評価を受け、数々の栄誉に浴しています。